イベント情報へもどる

下関市立美術館展覧会情報

特別展
「生誕100 年 丸木俊・絵本原画展 ~いのちへのまなざし~」

「ヤシノミノタビ」、1942 年、個人蔵
「ヤシノミノタビ」、1942 年、個人蔵
夫・丸木位里との共同制作<原爆の図>で知られる丸木俊 (1912~2000)は、絵本作家としても活躍し、生涯に150 冊を超える絵本や挿絵、装丁の仕事を手がけ、高い評価を受 けています。本展は、生誕100年を記念し、丸木俊の世界を 絵本原画を中心にご紹介します。
 北海道秩父別に生まれた俊は、旭川高等女学校から東京女 子美術学校(現女子美術大学)に進み、洋画を学びました。 卒業後モスクワや南洋パラオを訪れ、二科展などに出品して います。広島出身の丸木位里と結婚し、原爆投下直後の広島 を訪れ、後に彼とともに代表作〈原爆の図〉を完成させます。
 一方、絵本制作の活動は、南洋での体験を生かした『ヤシ ノ木ノ下』(1942年)の刊行から始まります。戦後は世界や 日本の民話を題材にした絵本を数多く制作し、1971年にブ ラティスラヴァ国際絵本原画展でゴールデンアップル賞を受 賞、1980年代には『ひろしまのピカ』を始めとする記録絵 本シリーズにより、絵本にっぽん大賞等数々の賞を受賞しま した。
 俊の絵本は繊細な線描や色鮮やかな点描、水墨の滲みやぼ かしを生かした水彩表現と、多彩な作風で独自の創作世界を 展開しています。時に切ないまでに美しい画面の中に、命あ るものに寄せる俊のまなざしを感じるこ とができます。
 本展では、丸木俊の初期から晩年まで の絵本原画を中心に、油彩作品や丸木位 里との共同制作「原爆の図」、丸木俊の制 作活動にも影響を与えた姑丸木スマの天 真爛漫な作品も併せて展示します。絵本 制作を通して彼女が何を見つめ、表現し たのか展観いたします。

「うみのがくたい」、1964 年、個人蔵
「うみのがくたい」、1964 年、個人蔵

【関連催事】※いずれも事前申込みは不要です。

■人形劇
日時:8 月4 日(土)午後2 時~
出演:ぷくぷくポケット
場所:美術館講堂(聴講無料)

■大人のためのお話し会(対象:中学生以上)
日時・出演:8 月5 日(日) 小畑 乃武子
   9 月1 日(土) おはなしのはら
   9 月2 日(日) 黒瀬 圭子
  いずれも午後2 時から
場所:美術館講堂(聴講無料)

【会期】
開催中~9月9日(日)
【開館時間】
午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
月曜日
【観覧料】
一般800円(640 円)/大学生600円(480円)
*( )内は団体料金 (20 名以上)
*70 歳以上、18 歳以下の方および高等学校、中等教育学校と特別支援学校に在学の生徒は無料。(公的証明書の掲示必要)

<次回予告>

所蔵品展
「狩野芳崖と江戸狩野派の絵師たち/
近代絵画の視線~岸田劉生から香月泰男まで~」

 狩野芳崖と江戸狩野派の絵師たち

狩野芳崖《枯木猿猴図》
狩野芳崖《枯木猿猴図》
狩野芳崖《牡丹図》
狩野芳崖《牡丹図》
江戸時代も終幕の足跡が聞こえてきた頃、長府・印内に生まれた狩野芳崖(1828-1888)は、数え十九歳で江戸に遊学し、 木挽町狩野家・狩野晴川院養信の門をたたきます。このたびは、芳崖が学んだ木挽町狩野家(伊川院、晴川院、勝川院)の作品と芳崖の作品、合わせて約20点を展示します。

 近代絵画の視線~岸田劉生から香月泰男まで~

岸田劉生《自画像》1913 年
岸田劉生《自画像》1913 年
「大正洋画」をリードした若きカリスマ・岸田劉生から、第二次世界大 戦とその後のシベリア抑留という体験を制作に結実させ、昭和の「戦後 洋画」を代表する一人となった香月泰男まで、近代絵画の様々な局面を 紹介します。
約40点の作品を展示します。

【関連催事】※いずれも事前申込は不要です

■ギャラリートーク
9 月22 日(土)14 時~
*一時間程度、展示室にて。聴講無料、ただし観覧料が必要です。

■狩野芳崖16 ミリ教材フィルム映写会
9 月30 日(日)11 時~/ 14 時~
*各回30 分程度、講堂にて。聴講無料

■下関市立美術館

【開館時間】 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休館日】 祝日以外の月曜日、年末年始 、展示替えのための臨時休館
【所在地】 〒752-0986山口県下関市長府黒門東町1-1
【電話】 083-245-4131
【FAX】 083-245-6768
【URL】 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/bijutsu/

(2012/8/3更新)